クリニックによって早漏治療の料金はどのくらい差があるのか?

早漏治療の料金は方法によって異なります

早漏治療の方法には内服薬の投与の他にもペニスへの薬剤の注入や包茎手術、亀頭冠焼灼法などがあります。
料金の一般的な相場は内服薬の場合だと3錠あたり約1万円で、ペニスへの薬剤注入は8万円から10万円ほどです。
包茎手術や亀頭冠焼灼法だと10万円から15万円ほどが料金の相場とされています。
内服薬はセックスの1時間から3時間前に服用すると射精までの時間が3倍から4倍になり、女性の満足度も約2倍に高まります。
継続的に服用すれば早漏を改善する効果が増強されますが、費用も高くなってしまうので注意が必要です。
ペニスの表皮と深部神経の間に薬剤を注入して膜を形成する方法は、ピンポイントな早漏治療ができるというメリットがあります。
仮性包茎や真性包茎、カントン包茎の場合には手術を受ければ亀頭を露出させて刺激に強くすることができます。
亀頭冠焼灼法は高周波メスで亀頭冠を焼灼するため、上皮の硬さや厚みが増して過敏な感覚を抑えます。

クリニックによって早漏治療の料金は異なります

早漏治療は基本的に保険が適用されないためクリニックによって異なる料金設定が行われています。
費用を抑えて早漏治療を行いたいのであればクリニックごとの料金を比較する必要があります。
一般的な相場よりも安い料金設定を行っている場合でも、実績豊富で充実した早漏治療が受けられるクリニックも存在します。
雑誌やチラシなどで積極的な宣伝広告を行うと多額の費用がかかるため、料金も高く設定しなければなりません。
確かな技術力を備えた信頼できるクリニックの場合、宣伝広告に力を入れなくても患者が集まるため料金を安く設定できます。
クリニックを比較する場合には料金だけでなく技術力や過去の治療実績、他の患者による口コミなどを参考にするとよいでしょう。
真性包茎やカントン包茎の場合には、保険を使って包茎手術を受ければ費用を安く抑えることができます。
費用を抑えつつ効果的に早漏治療を行いたいのであれば、自分に合ったクリニックと方法を選ぶことが大切です。

まとめ

早漏治療の代表的な方法には内服薬の投与の他にもペニスへの薬剤の注入や包茎手術、亀頭冠焼灼法などが存在します。
基本的に早漏治療には保険が適用されないため、クリニックごとに異なる料金設定が行われています。
内服薬は3錠あたり約1万円、ペニスへの薬剤の注入は8万円から10万円が相場とされます。
包茎手術や亀頭冠焼灼法の料金は10万円から15万円が一般的な相場です。
費用を抑えて早漏治療を行いたいのであれば、料金設定などを参考にしつつ自分に合ったクリニックと方法を選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。